持ち家を持つという事

家を買うか賃貸に住むかは人それぞれで、自分のライフスタイルにあわせて選ぶのが最ものぞましいです。

家は買う?それとも賃貸?

新しい生活を始める時、または現在の住まいから新しく別の家に移り住みたい時に家を買うのか賃貸に住むのか迷うことは多いと思います。それぞれにメリットやデメリットがあるので良く考えて選びたいものです。家を購入するにはまとまった資金が必要になります。ですから一生の買い物とよく言われますし、そう簡単に決められることではないといえます。ただしよく情報を入手して「これだ!」と思える家があれば頑張って買ってみるのも良いと思います。家は財産になります。

賃貸の場合は毎月の家賃を払い続けなければならず、住まいは自分の財産として残ることもないため、「家賃を払い続けるのはもったいない」といった考えも多くあるようです。ただし、場合によっては賃貸に住み続ける事が必ずしも損になるとは限らないものです。賃貸は住宅の修繕の必要がなく維持費を払わなくても良いからです。また固定資産税も払わなくて良いメリットもあります。賃貸は自分の住まいではないので持ち主の決めた規約の通りに暮らす必要があります。その点持ち家は自分の好きなように使えるという気楽さもあります。これらの点を総合的に見て自分のライフスタイルにはどちらが適しているのか、ということを検討してみると良いと思います。
Copyright (C)2017持ち家を持つという事.All rights reserved.