持ち家を持つという事

介護用品としてのクレーンが普通に使えるような住まいでないと、高齢者の介護はとても出来ないでしょう。

介護のための住まいと言う考え方

高齢者の介護に住まいが果たす役割は非常に大きいもののです。たとえばバリアフリー住宅などはその一環と言えますが、それによって介護が必要な高齢者だけでなく介護をする人も助かるのは確かです。特にこれからの時代はいわゆる老老介護と言うものがどんどん増えていくはずですが、そんな時住まいが介護を前提にした設計になっていれば無意味な苦労をすることなく介護に専念できるでしょうし、悲惨な結末を未然に防ぐことが出来るでしょう。そう考えると住まいの形が人の命を左右すると言っても過言では無いわけです。

ところでバリアフリーでもっとも望まれるのは、力仕事をいかに軽減できるかと言うことです。人間を抱えて移動すると言うのは体力に自信のある人間にしか出来ないのだから、その点を住まいがサポートできれば家で高齢者の世話をすることがずっと容易になるはずです。そのためにも小型のクレーンのようなものを住まいの中で使いたいし、部屋や廊下の広さもそういった機材を使うことを前提にして設計することが求められます。将来的にはそういったサポート用品の規格が統一されて、すべての住まいがそのままバリアフリーの介護住宅となることが望ましいし、それが住宅のスタンダードになっていくでしょう。

関連キーワード

Copyright (C)2017持ち家を持つという事.All rights reserved.