持ち家を持つという事

住まいは決して実用一点張りではなく、十分な余裕を持ったものにすることが必要ではないでしょうか。

実用だけの住まいでは疲れてしまう

必要不可欠ではないけれど住まいに欲しいものと言うものが色々あるものです。たとえば窓から見えるきれいな景色と言うのは生活必需品と言うわけではありませんが、それでもそのために多少のお金を余計に払っても構わないと考える人は多いのではないでしょうか。そういったいわば余計なものと言うのは日常生活の質を高めるために必要になりますが、現代ではそれがいささかないがしろにされていると感じることがあります。たとえば昨今の住宅を見ると実用一点張りで、一戸建てにもかかわらず庭もついていないという建物が当たり前になっています。

もちろんこうした状況を家の持ち主が望んでいると言うわけではないでしょう。誰だって住まいに支払えるお金も無限ではないのだから、皆ぎりぎりのところで妥協して現在のような姿になっているわけです。ただこうした状況はいつまでも放置されるべきではないし、不動産屋や自治体なども積極的に改善に動くべきではないでしょうか。特に地方の過疎化が著しい土地ならいくらでも広い庭のついた住まいを確保できるでしょう。実際にそうした住宅が売りに出されれば、少しずつとはいえ住人の移動につながって、長期的には過疎化を解決する手段にもなるでしょう。
Copyright (C)2017持ち家を持つという事.All rights reserved.