持ち家を持つという事

日本は南北に長いので各地さまざまな気候でそれに合わせた住まいも異なります。それを紹介します。

日本各地の住まいについて

日本列島は南北に長くて、太平洋側と日本海側だけでも気候が異なります。そのためその土地に合わせた、特徴のある住まいが作られ暮らしています。しかしそのような日本独自の伝統的な住まいはだんだん減ってきています。皆様の近所はどのような住まいが作られていますでしょうか。では日本各地の住まいを紹介しましょう。まずは積雪の多い地域、例えば富山県や新潟県などですね。そのような地域では、雪囲いを付けて家を積雪の被害から守ります。また、北海道のような寒さの厳しい地域では出入りの際に室内に冷気が入らないよう、二重玄関にしています。暖房効果を高める二重窓や、屋根の雪を溶かす工夫もされています。

次に沖縄県ですが、沖縄県は台風が多いので台風の被害を防ぐために、周りを石垣と樹木で囲んだ平屋建てが多いです。樹木は暑さしのぎにもなり、住まいも風通しの良い作りとなっていまるのが特徴です。次に京都府です。京都は町中に建つ町屋があり。町屋は間口が狭く、奥行きが長いつくりとなっています。通りから中庭に抜ける通り庭があり、通風や日照りを巧みに確保するように工夫されています。このような伝統的な住まいが減少する中、最近では50階を超えるような超高層住宅群などが都会などを中心に増えていることも事実です。
Copyright (C)2017持ち家を持つという事.All rights reserved.