持ち家を持つという事

木造の家は長持ちしません。しかし鉄筋コンクリートの家は長持ちします。鉄筋コンクリートの家がいいかも知れません。

木造の家は、長持ちしないようです。

私が住んでいる家は木造です。もう、築30年近くなります。最近、思うことは木造にせず、鉄筋コンクリートの家にしておけばよかったかなと言うことです。と言うのは、木造の家は築30年も建つといろんなところが傷んでくるのです。家を買うときは、買った後のことなど考えもしませんでした。何年ぐらい持つかなど考えもしなかったと言う事です。息子が大きくなり、いずれは、私の家に住む事になると思います。その方が家を新たに買うより安くつくと思うから、息子も多分そのようにすると思います。しかし、息子が住むまで、今の家が持つとは思えないのです。

木造の家はそこまで持たないのではないかと不安に思ったりします。そのことを考えていると、鉄筋コンクリートの家なら、かなりの年数持つことになるのです。木造の三倍以上長持ちするのではないかなと思います。そうなれば、息子の負担は減ることになるのです。私の家は、築20年目で数百万円のお金を掛けて屋根や外壁をリフォームしています。もう10年もすれば、また、リフォームの必要性が出てくるのです。今度はさらに本格的にリフォームをしないと駄目かも知れません。家は買ってからもお金が掛かるのです。息子が住む頃には、家を潰して建て直しが必要になっているかも知れないなと思ったりします。

関連キーワード

Copyright (C)2017持ち家を持つという事.All rights reserved.